忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「赤とんぼ」の曲について、学習をしたら下の問題を確認に使ってください。

1.以下の文は「あかとんぼ」の作者に関するものです。( )に適当な語句を入れよう。

「あかとんぼ」は( ① )の作詞で、( ② )が作曲しました。①の幼い頃の実体験にもとづいて、その頃の情景をからめながら詩にしたことを講演で語っています。①は、このような心情を詩の中に織り込む( ③ )詩の詩人として名声を上げました。

作曲した②は、この時代の日本の歌を数多く作曲しました。「( ④ )の花」、「待ちぼうけ」、「( ⑤ )のダンス」のほかにも交響楽や管弦楽曲なども作曲しています。

答え ①三木露風(みきろふう) ②山田耕筰(こうさく)③叙情 ④からたち ⑤うさぎ

問2.以下の文は「あかとんぼ」の特徴に関するものです。( )に適当な語句を入れよう。

この曲は( ① )調です。調号は♭が( ② )つつきます。調号が2つ以上付く長調の調名には必ず「( ③ )」の字をつけて、ホ長調というように書きます。この「③」には「半音( ④ )げる」という意味があります。ちなみに「半音( ⑤ )げる」場合には「( ⑥ )」の文字をつけます。

したがってこの「赤とんぼ」の場合には、冒頭のところの階名は「( ⑦ )ドド レミソドラソ・・・」となります。

この曲は( ⑧ )拍子の曲です。したがって1小節あたり四分音符(♩)で( ⑨ )拍分あることになります。♩=( ⑩ )~63のテンポで歌います。これは1分間に♩を⑩回から63回打つはやさです。

「赤とんぼ」はa,bの( ⑪ )形式の曲です。一部形式とは1つの( ⑫ )楽節からなる形をとる曲のことです。一部形式を説明します。2小節ずつの「( ⑬ )」と呼ばれる旋律が構成の最小単位です。そしてこの動機が2つ分連なって( ⑭ )楽節をつくり、さらにこの小楽節が2つ束になると⑫楽節になります。したがって「赤とんぼ」の場合はちょうど大楽節1つ分になります。

答え ①変ホ長 ②3 ③変 ④下 ⑤上 ⑥嬰 ⑦ソ ⑧4分の3 ⑨3 ⑩ 58 ⑪ 一部 ⑫大 ⑬動機 ⑭小 

3.「赤とんぼ」の曲には古い日本語が使われています。次の語を現代語にしよう。

この曲の歌詞は明治の頃に使われていた日本語ですので、古い言葉が多く使われています。

負われて

姐(ねえ)や

まぼろしか

たより

答え ①背負われて ②子守役、ベビーシッター ③夢であったのだろうか ④手紙 

拍手[3回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR