忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

管弦楽についての問題です。理解できているか確認に使ってください。

問1.次の管弦楽に関する文の( )に適当な語句を入れよう。

管弦楽は( ① )ともいいます。( ② )楽器、管楽器の( ③ )楽器と金管楽器、( ④ )楽器からなり、大人数で合奏します。

管弦楽の一般的な配置としては、( ⑤ )楽器が指揮者の一番近くの周りに並びます。時計回りに左から、第一ヴァイオリン、第二ヴァイオリン、( ⑥ )、チェロと並んで、チェロの後ろにコントラバスが並ぶことが多いです。

逆に打楽器や( ⑦ )楽器は、編成の一番後ろに並ぶことが多いです。そして木管楽器は、弦楽器と金管楽器の中間の列に並ぶことが多いです。

編成は曲の種類や、その時々の状況で、変わることがあります。

答え ①オーケストラ ②打 ③木 ④弦 ⑤弦 ⑥ヴィオラ ⑦金管

問2.次は管弦楽の一般的な楽器についてまとめたものです。( )に適当な語句を入れよう。

(1)( ① )楽器

 ティンパニやシンバルがあります。

(2)( ② )楽器

 ピッコロ、フルート、クラリネット、オーボエ、ファゴットなどがあります。

(3)( ③ )楽器

 トランペット、トロンボーン、チューバ、ホルンなどがあります。

(4)( ④ )楽器

 ( ⑤ )、ヴィオラ、チェロ、コントラバスなどがあります。あとになるほど大きな楽器で、低い音が出ます。

答え ①打 ②木管 ③金管 ④弦 ⑤ ヴァイオリン

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR