忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アルトリコーダーのまとめ問題です。ノートや器楽の教科書などに目を通して理解してから、この問題を解くと効果的です。


 


1.次の問いの( )に適語を入れよう。( )内に選択肢があるときには正しいほうを選ぼう。



(1)中学校で主に使う( ① )リコーダーは、頭部管(ヘッドピース)と中部管( ② )、足部管からなります。頭部管と中部管のあいだのジョイントを緩めたり、差し込むことで( ③ )(音程)を( ④ )(音程を合わせること)することができます。



(2)アルトリコーダーの裏側は、( ⑤ )手の親指の腹で押さえる穴サムホールがひとつだけあります。表のたくさんある穴をトーンホールといいます。残りの左手の小指と右手の( ⑥ )指以外の指を全部使いふさぎます。



(3)息を舌で止めたり、息を出したりしてリコーダーを吹くことを( ⑦ )といいます。tu(トゥ)はかたい感じ、ru(ルー)は(⑧柔らかい 冷たい) )感じの音のイメージです。du(ドゥ)はその中間の発音の感触を表します。



(4)リコーダーは演奏方法によって様々な表現が出来るのが特徴です。音を離したり繋げたりして表現することを( ⑨ )といいます。



音を滑らかにつなげて吹く( ⑩ )奏法。スラーの着く最初の音をタンギング。


ひとつずつの音を舌で(⑪短く切って 長くつなげて)軽い感じで吹くスタッカート奏法


はっきりと( ⑫ )するノンレガート奏法


一つ一つの音を(⑬つなぐ 切る)ようにするテヌート奏法



(5)親指で( ⑭ )の開き具合を操作することをサミングといいます。記号にはφを使います。



答え ①アルト ②ミドルピース ③ピッチ ④チューニング ⑤左 ⑥親 ⑦タンギング ⑧柔らかい ⑨アーティキュレーション ⑩レガート ⑪短く切って ⑫タンギング ⑬つなぐ ⑭サムホール









PR
教科書トレーニング全教科書音楽

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR