忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

アルトリコーダーのまとめ問題をさらにつくりました。ノートや器楽の教科書などに目を通して理解してから、この問題を解くと効果的です。

1.次の問いに答えよう。選択肢があるときには正しいほうを選ぼう。

(1)小学校で使ってきたリコーダーはソプラノリコーダーといいます。それに対して中学校で使用するものを何といいますか。

(2)リコーダーは管ごとに分解できます。しかもそれぞれの管のつなぎ目部分で音程を調節することができます。このつなぎ目部分を何といいますか。

(3)リコーダーの左手の親指の腹で押さえる穴のことを何といいますか。

(4)両手の10本の指のうち、リコーダーで穴をふさぐのに使わない指を左右の手とともに例のように答えよう。(例:左手の親指)

(5)息を舌で止めたり、息を出したりしてリコーダーを吹くことを何といいますか。

(6)(5)の方法でリコーダーを吹くとき、tu(ツゥ)の音の出し方はかたい感じの音といえますか、それともやわらかい感じの音といえますか。

(7)リコーダーの演奏法で、 音を離したり繋げたりして表現することを何といいますか。

(8)音を滑らかにつなげて吹く方法を何といいますか。

(9)ひとつずつの音を舌で短く切って軽い感じで吹く奏法を何といいますか。

(10)はっきりとタンギングをする奏法を何といいますか。

(11)一つ一つの音をつなぐようにする奏法を何といいますか。

答え (1)アルトリコーダー (2)ジョイント (3)サムホール

(4)左手の小指と右手の親指 (5)タンギング (6)かたい音 (7)アーティキュレーション (8)レガート (9)スタッカート奏法

(10)ノンレガート奏法 (11)テヌート奏法

拍手[1回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR