忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リコーダーについての練習問題の2回目です。

問1.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢がある場合には正しいほうを選ぼう。

中学校では小学校の( ① )リコーダーから( ② )リコーダーに変わります。

まだ成長途上で、(③高い 低い)音の穴を指でふさぐことが難しい人もいるかもしれません。工夫すれば何とか音をきれいに出せるようになります。


リコーダーは澄んだ美しい音を出すことのできる楽器です。(④ルネサンス バロック)の時代のバッハをはじめとする作曲家により作られた曲が、長く親しまれて現代でも演奏されています。
リコーダーは演奏の方法によって、いろいろな表現を行うことができます。( ⑤ )(音を滑らかにつなげて演奏する方法)や速くめまぐるしく変わる音、鋭い音などさまざまです。
こうした思い通りの音色が出せるように、自分で基本的な指使いや( ⑥ )の出し方、構え方などを学んでいきましょう。

楽器の音を合わせることを( ⑦ )といいます。リコーダーでは( ⑧ )の部分の(⑨ピッチ 厚さ)を調整(出し入れ)することで、音の(⑩高さ 深み)(ピッチ)を変えることが可能です。

リコーダーを吹き始めるときと、楽器が温まったのちでは音のピッチが変わります。楽器を手などで温めておくとピッチの調整がしやすくなります。

答え ①ソプラノ ②アルト ③低い ④バロック ⑤レガート ⑥息 ⑦チューニング ⑧ジョイント ⑨ピッチ ⑩高さ


問2.次の文の( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢がある場合には正しいほうを選ぼう。

リコーダーを吹くときには息の(①出し 継ぎ)方が重要です。せっかく指使いができても、この息のし方がよくないときれいな音色になりません。

息をするときには一定量の息を一ヵ所に(②集める 分散する)ように意識して出すようにします。それから息をするときには、(③鼻 おなか)から出すようにして、むらのないように(④胸式 腹式)呼吸をしながら出していきます。

リコーダーを吹くときには息を舌で調節する(出し入れする)ことがあります。これを( ⑤ )といいます。tuやtoなどの音を発音するようにすると様々な(⑥音色 音程)や表現(かたい⇔( ⑦ )、低音域⇔高音域)の音を使い分けることができます。

答え ①出し ②集める ③おなか ④腹式 ⑤タンギング ⑥音色 ⑦やわらかい
PR

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR