忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は「帰れソレントへ」についての練習問題をつくりました。学習の確認などに使ってください。

問1.次の文は「帰れソレントへ」の紹介に関する文です。( )に適当な語句を入れよう。

この曲はイタリアの民衆に親しまれてきた( ① )のひとつです。イタリアの①を( ② )といいます。②とは( ③ )語の「歌」という意味です。②には「帰れソレントヘ」、「フニクリ フニクラ。「オ ソーレ ミオ」などがあります。

この「帰れソレントへ」は街を去っていった( ④ )に街に戻って来て欲しいと願う歌です。

「帰れソレントへ」は( ⑤ )調とハ長調の( ⑥ )調を繰り返す曲です。⑤調部分の調号は♭が( ⑦ )つつきます。ハが主音になります。ハ長調には調号は付きません。

この曲は( ⑧ )拍子の曲です。したがって1小節あたり四分音符(♩)で3拍分あることになりますModeratoつまり( ⑨ )歌います。

答え ①民謡 ②カンツォーネ ③イタリア ④恋人 ⑤ハ短 ⑥転 ⑦3 ⑧4分の3 ⑨中ぐらいの速さで 

問2.次の文は「帰れソレントへ」の歌い方に関する文です。( )に適当な語句を入れよう。( )内に選択肢があるときは正しいほうを選ぼう。

最初の部分は(①p f)で歌い、9小節目で(②mp mf)にします。21小節目で(③ff f)となります。この曲はハ短調→ハ長調→(  ① )→( ② )→ハ短調と何度も転調します。しかも同じハ音を主音にしている短調と長調の間での転調です。このような同じ主音にしている短調と長調の関係を( ⑤ )といいます。

答え ①p ②mf ③ハ短調 ④ハ長調 ⑤同主調

拍手[2回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR