忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音楽で「古典派」と呼ばれる作曲家について説明します。

18世紀のドイツやオーストリアを中心に活躍した作曲家です。ソナタ形式という形式を確立して、かっちりした音楽の構成を重んじる音楽家たちです。その当時はこのような形式の音楽がもてはやされました。

これらの音楽を和声音楽ともいいます。安定感や上品な感じがします。その代表的な音楽家には何人かあげられます。

ハイドンはオーストリアの出身で弦楽四重奏曲「皇帝」を作曲しました。他にもたくさんの曲を作曲しています。古典派の形式の土台を完成させた作曲家といえます。

モーツァルトは、オーストリアの出身で、交響曲の「第41番ジュピター」やピアノ協奏曲「第11番 トルコ行進曲付き」など700以上の曲を残し、古典派の音楽に磨きをかけました。

そしてべートーヴェンは、ドイツの出身の作曲家です。交響曲「第5番運命」など現代の音楽にも影響を与え続けています。

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR