忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音楽の教科書では鑑賞のところで、ベートーヴェンの「交響曲第5番」(「運命」)が取り上げられています。

ベートーヴェンとはどのような作曲家だったのでしょうか。

ベートーヴェンは、18~19世紀のドイツの作曲家です。ベートーヴェンの作曲した曲には上の曲のほかに、「交響曲第6番」(「田園」)などが知られています。

管弦楽を用いた合奏のソナタの曲を交響曲(シンフォニー)といいます。18世紀に、バッハやヘンデルの音楽を受け継いで、ハイドンがソナタの基礎を築き、モーツァルトが発展させ、ベートーヴェンがロマン派の音楽へとつなげてクラシックの音楽を完成させたといえます。

こうしたクラシック(古典派)の音楽は、内容が充実していきました。

さらにフランス革命を経てヨーロッパでは人々の考え方が大きく変わっていきました。それまでの音楽は、宗教や王族をはじめとする宮廷のための音楽が中心でした。ベートーヴェンの後半生はそうした時代の真っ只中にありました。自由な発想や民衆を中心とした国づくりが各地で起こりました。

こうした中にあって音楽も変化していきます。ベートーヴェンは、この時代の変化のなかで感情や心情を織り込むロマン派の音楽を形作っていきます。19世紀のドイツを中心にヨーロッパ各地にロマン派の音楽が広がっていきます。

シューベルト、ショパン、メンデルスゾーンなど、とともにこの時代(前期ロマン派)の音楽を引っ張っていった音楽家たちです。いずれも名曲を残しました。

拍手[0回]

音楽で「古典派」と呼ばれる作曲家について説明します。

18世紀のドイツやオーストリアを中心に活躍した作曲家です。ソナタ形式という形式を確立して、かっちりした音楽の構成を重んじる音楽家たちです。その当時はこのような形式の音楽がもてはやされました。

これらの音楽を和声音楽ともいいます。安定感や上品な感じがします。その代表的な音楽家には何人かあげられます。

ハイドンはオーストリアの出身で弦楽四重奏曲「皇帝」を作曲しました。他にもたくさんの曲を作曲しています。古典派の形式の土台を完成させた作曲家といえます。

モーツァルトは、オーストリアの出身で、交響曲の「第41番ジュピター」やピアノ協奏曲「第11番 トルコ行進曲付き」など700以上の曲を残し、古典派の音楽に磨きをかけました。

そしてべートーヴェンは、ドイツの出身の作曲家です。交響曲「第5番運命」など現代の音楽にも影響を与え続けています。

拍手[0回]

小学校のソプラノリコーダーと違って中学校の音楽の授業で使う縦笛はアルトリコーダーです。ソプラノリコーダーよりも一回り大きく長いので、小柄な人はまだ指が届きにくいかもしれません。

特に右手小指でふさぐ穴はやっかいです。下のジョイント部分を少し回転させて小指の腹の位置に穴がちょうど来るように調節しましょう。

多少は吹き込む息の量を調節して音を出してみます。低い音は口の中を広げ気味にして息の流れの勢いを弱めにして音を出すようにします。

それから低音の場合はタンギング(息を止めたり出したりすること)をトゥ、トゥ(あるいはローロー)、高音の場合はチーチー(リーリー)という感じで出してみて、自分できれいな音が出る感じをつかみます。

どちらにしても口先だけでなく、腹式呼吸でしっかり息を出して音にします。練習を繰り返すとそれだけきれいな音をうまく出せるようになります。

なにはともあれ練習あるのみ。音を聞きながら何度も練習すると手も上手く穴を押さえられてきれいな音が出るようになってきます。


拍手[0回]

sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR