忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は 楽典の中から強弱の記号についての説明です。私が中学の教科書などで確認できた範囲で説明しますね。

 

教科書などの中にある記号としては、

pp・・・ピアニッシモ(とても弱く)

p・・・ピアノ(弱く)

mp・・・メゾピアノ(少し弱く)

mf・・・メゾフォルテ(少し強く)

f・・・フォルテ(強く)

ff・・・フォルティッシモ(とても強く)

fff・・・フォルティッシシモ(きわめて強く)

です。下に行くほど強くなります。

それから長い<や>は、それぞれクレシェンド(cresc.だんだん強く)とデクレシェンド(decresc.だんだん弱く)です。デクレシェンドと同じ意味でディミヌエンド(dim.だんだん弱く)があります。

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR