忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は「ドナドナ」についてです。

 

「ドナドナ」はウクライナで生まれたユダヤ系のアメリカ人のS.セクンダ1938年に作った曲です。教科書の日本語の作詞は、安井かずみによるものです。

子牛との別れを歌う歌です。ドナドナとは牛を追うときの掛け声だそうです。この曲は1分間に二分音符を48~52打つ速さで歌われます。

2分の2拍子の曲です。ホ短調から途中でト短調に変わり、最後の方で再びホ短調に戻ります。このように曲の途中で調が変わることを転調といいます。そしてホ短調とト長調のように、同じ譜号同士の短調と長調の変化の場合には、平行調への転調といいます。

いずれの調もシャープ(♯)が1つ五線譜上にあります。ホ短調は主音のラがホ音になります。それに対してト長調は主音のドがト音になります。

短調の部分は暗い感じがします。それに対して長調の部分は短調に比べて明るい感じがします。このように転調が起こることで曲に変化が起こり、味わい深くなります。

曲に出てくるダ・カーポとははじめにもどるという意味です。コーダとは結びの意味です。

この曲は混声三部合唱です。女声がソプラノアルト、もうひとつは男声です。したがって3つの旋律が存在します。女声の2つはト音記号の五線譜上に表します。それに対して男声のパートはヘ音記号の付く五線譜で表します。


PR
中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)

拍手[0回]

「エーデルワイス」について

「エーデルワイス」はミュージカルの「The Sound of Music」のなかの曲のひとつです。このミュージカルについて説明します。

「The Sound of Music」の紹介

家庭教師のマリアが、ある音楽の好きな家族(トラップ家)の下で教師をすることになりました。マリアとその家の子供たちを中心に繰り広げる楽しい物語です。舞台で演じられる音楽劇ですが、映画にもなりました。

「The Sound of Music」の中では数多くの有名な曲があります。「エーデルワイス」のほかにも「ドレミの歌」などが知られています。

ミュージカルはアメリカで作られるようになった大衆的な音楽劇です。オペラと比べるとより大衆的で娯楽的な要素が強いです。歌を中心に音楽が全般に演奏され、歌いながら演じる劇です。オペラと同様、踊りや舞台のつくりや美術、演出法などさまざまな舞台芸術を駆使した総合的な要素を持つ舞台です。

「エーデルワイス」の特徴

作詞したのはO.ハマースタイン2世で、作曲したのはR.ロジャーズです。彼はアメリカの作曲家で、他にも「王様と私」などのミュージカルの曲も作りました。

この曲はハ長調です。調号はつきません。したがって主音(ド)はハ音になります。

この曲は4分の3拍子の曲です。したがって1小節あたり四分音符(♩)で3拍分あることになります。Moderatoのテンポで歌います。これは別の教科書では♩=116と表されており、1分間に♩を116回打つはやさです。

「エーデルワイス」はA(a,a')B(b,a')の二部形式の曲です。したがって大楽節2つからできています。


教科書トレーニング全教科書音楽

拍手[1回]

今、あらためて音楽の音符について調べてみますと、音符についても知らないことがたくさんあります。私は小中学校で音楽の時間に、いったい何を聞いていたのだろうと思うほどです。

さて、音符についていくつか名称をあげておきましょう。音符(♪)の丸い部分は「たま(符頭、ふとう)」といいます。全音符の場合にはこの「たま」を中抜きでふちどりだけで表現します。そして二分音符でも同じ中抜きですが、そこに縦線の「ぼう」(符尾、ふび)が付きます。

この八分音符(♪)になりますと「ぼう」に「はた」(符鉤、ふこう)が1つつきます。

十六分音符ではこの「はた」が2つつきます。また連続する音符を見やすくするためにはたの代わりに「けた」(連桁、れんこう)をつけることがあります。

それから、それぞれの音符に、付点「・」が付きますともとの音符の長さの半分の長さが付け加わることになります。つまりもとの音符の1.5倍の長さになります。たとえば付点四分音符とは、四分音符+八分音符の長さのことです。

「ぼう」の長さは、五線譜の間隔の3本分です。そして、「たま」の場所が第3線から下にあるときには、「たま」の右端から上の方向に「ぼう」を書きます。そして「たま」の場所が第3線から上にあるときには、「たま」の左端から下の方向に「ぼう」を書きます。

それぞれの音符に対応する長さだけの休符があります。全休符、二分休符、・・・のことです。休符にも付点がつくことがあります。それぞれの休符に、付点が付きますともとの休符の長さの半分の長さが付け加わることになります。つまりもとの休符の1.5倍の長さになります。

そして三連符というのは、それぞれのある音符の半分の長さの音符を3つ並べた意味になります。したがってある音符を三等分した長さの音です。連符の上に数字の3がつきます。例えば、四分音符を3つ並べて、横線で結び、上に3の数字が付く三連符は二分音符の長さになります。

拍手[0回]

sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR