忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小フーガ ト短調」に関するまとめです。


バッハの紹介

バッハドイツで1685年に生まれました。17世紀から18世紀はじめの代表的な作曲家の一人です。そしてドイツを代表する作曲家でもあります。

ベートーヴェンよりも85年早く生まれました。ヘンデルとは同じ年に生まれました。またヴィヴァルディと同時代に活躍しました。ベートヴェンやシューベルトが夭折(若くして亡くなること)のに比べますと、バッハは65歳、ヘンデルは74歳とこの時代にしては長生きしてたくさんの楽曲を作曲しています。

ベートーヴェンは「楽聖」と呼ばれ、シューベルトは「歌曲の王」と呼ばれたのに対して、バッハは「音楽の父」と呼ばれました。紹介する「小フーガ ト短調」は彼の代表曲のうちのひとつです。

バッハはバロック時代の作曲家として知られています。バロック音楽とは17世紀から18世紀にかけて盛んに作られた音楽です。宮廷で音楽会が開催され、そこで演奏される機会がありました。バロック音楽の中でものちに示す、フーガが最も洗練され、完成された形式とされました。

フーガとは呈示された主題の調について、さまざまなバリエーションによってあとを追うように変化、重なり合い発展するようになっている形式のことです。多声音楽ともいいます。フーガは一般的に3~4つの声部からできています。

「小フーガ ト短調」の特徴

この曲はパイプオルガンで演奏されます。バッハ自身もオルガン奏者でもありました。「小フーガ ト短調」の場合には4声部からなるフーガです。そして第1部~第3部の3つからなります。

(1)第1部(主題の提示部)

  主題と応答が交互に2回ずつ演奏されます。この際にト短調からニ短調に転調します。

  つまり

  主題 ト短調(第1声部)

   →応答 ニ短調(第2声部)

主題 ト短調(第3声部)

   →応答 ニ短調(第4声部)

  と流れていきます。

(2)第2部(展開部)

  主題が様々な形式で展開されていきます。ここでは

  主題 ト短調(第3声部)

応答 ト短調(第1声部)

主題 変ロ長調(第2声部)

応答 変ロ長調(第4声部)

主題 ハ短調(第1声部)

(3)第3部(再現部)

  彩度、はじめのト短調が現われて終結に向かいます。

こういったフーガをパイプオルガンで独奏します。大小さまざまなパイプに空気が送り込まれることで音にすることができます。音栓は、音色に変化を与える装置です。低温を出すことのできる足の鍵盤もあります。手の鍵盤も2~4段ほどあります。

拍手[2回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR