忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「パフ」はリコーダーの練習曲としてよく取り上げられます。小学校で使っていたソプラノリコーダーと、中学校で使うアルトリコーダーの運指は違います。

したがって、まずは指使いを簡単な曲を演奏しながら覚えてしまいましょう。せっかくなら曲を演奏して楽しみながら運指を覚えるといいです。

その意味で「パフ」はシンプルなメロディですので、その練習にうってつけです。そして教科書にも階名が書いてあります。したがって指使いを覚えるのに専念できます。

この曲は、P.ヤーロウとL.リプトンが作曲した曲です。日本語の詞は芙龍明子(ふりゅうあきこ)の詞です。

この曲は2分の2拍子の曲です。したがって1小節中に2分音符ふたつ分の長さがあります。

この曲はハ長調の曲です。ハ長調の曲には♯や♭などの記号は楽譜にはつきません。

この曲を演奏する速さは、に1分間に2分音符を7280回打つ速さです。

この曲は、ト音記号のつく楽譜と、ヘ音記号の楽譜からなります。したがって混声合唱で歌うことができます。

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR