忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

越天楽は雅楽の中の代表的な曲

雅楽とは

越天楽は日本の雅楽の曲のひとつです。雅楽は次の3つの形態があります。

管弦(かんげん)…合奏だけのもの

舞楽(ぶがく)…合奏に舞がついているもの。器楽は伴奏にあたります。雅楽として伝わるものの主要なものです。

歌物(うたもの)…合奏に歌がついているもの。器楽は伴奏に当たります。

雅楽には大きく分けて3つあります。

*神楽歌(かぐらうた)や東歌(あずまうた)のように日本に古くから伝わっている曲

*中国大陸や朝鮮半島から日本に伝わってきた音楽に、日本の音楽が融合してできた舞楽である左舞(さまい、唐舞)や右舞(うまい、高麗舞)

*平安時代に日本で作られた催馬楽(さいばら)や朗詠(ろうえい)など

雅楽の特徴

雅楽は呂音階律音階の曲があります。呂音階から律音階が日本でできました。したがって雅楽の多くは律音階です。

今回習った曲の越天楽は、雅楽のうち舞を伴わない管弦で、楽器の演奏だけからなります。この曲は律音階の曲です。演奏が進むにつれてテンポが速くなるのが特徴です。雅楽には和音が自然でない不協和音が多いのも特色です。

雅楽で用いる楽器

雅楽で使う楽器には3種類あります。

*管楽器…(しょう)、竜笛(りゅうてき)、篳篥(ひちりき)

*弦楽器…(そう)、琵琶(びわ)

*打楽器…太鼓(たいこ)、鉦鼓(しょうこ)、鞨鼓(かっこ)

なかでも竜笛と篳篥が主旋律を受け持ちます。

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR