忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近の卒業式の定番曲のひとつになりました「旅立ちの日に」。今日はこの曲についてのまとめです。

「旅立ちの日に」とは

この曲はの作詞は、小嶋 登(のぼる)、作曲は坂本浩美によるものです。教科書のように編曲したのは松井孝夫です。作詞・作曲は、当時(1991年)の中学校の校長先生と音楽の先生の組み合わせです。

「旅立ちの日に」は女声二部、男声一部の混声三部合唱の曲です。

この曲は変ロ長調です。調号は♭が2つつきます。変ロ音が主音になります。

この曲は4分の4拍子の曲です。したがって1小節あたり四分音符(♩)で4拍分あることになります。♩=84ぐらいのテンポ、つまりModerato(中ぐらいの速さで)で歌います。これは1分間に♩を84回打つはやさです。

「旅立ちの日に」の歌い方

楽譜が手元にある方はご覧ください。始まりの8小節が斉唱で始まっています。そののち男声、女声の2部が4小節、そして混声三部合唱になっていきます。

「旅立ちの日に」は三部合唱の曲です。楽譜のト音記号の付いた楽譜の方が女声2部、ヘ音記号の楽譜のほうが男声1部です。

楽譜のABCの各部分に関してとりあげます。Aの部分の前半の斉唱の部分はmpで歌い、二部合唱のところでmfにします。Aの最後の部分でクレッションド(だんだん強く)とします。

そしてAの後半の三部合唱がBになるとfとなり強く歌います。さらにCになるとfのまま、今度はPiủ mossoで「今までより速く」歌います。

そして各パートの重なり合いを確認しながら歌うといいです。加えて「この広い~」の部分からはcresc.(クレッシェンド)で「だんだん強く」歌います。

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR