忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は「ドナドナ」についてです。

 

「ドナドナ」はウクライナで生まれたユダヤ系のアメリカ人のS.セクンダ1938年に作った曲です。教科書の日本語の作詞は、安井かずみによるものです。

子牛との別れを歌う歌です。ドナドナとは牛を追うときの掛け声だそうです。この曲は1分間に二分音符を48~52打つ速さで歌われます。

2分の2拍子の曲です。ホ短調から途中でト短調に変わり、最後の方で再びホ短調に戻ります。このように曲の途中で調が変わることを転調といいます。そしてホ短調とト長調のように、同じ譜号同士の短調と長調の変化の場合には、平行調への転調といいます。

いずれの調もシャープ(♯)が1つ五線譜上にあります。ホ短調は主音のラがホ音になります。それに対してト長調は主音のドがト音になります。

短調の部分は暗い感じがします。それに対して長調の部分は短調に比べて明るい感じがします。このように転調が起こることで曲に変化が起こり、味わい深くなります。

曲に出てくるダ・カーポとははじめにもどるという意味です。コーダとは結びの意味です。

この曲は混声三部合唱です。女声がソプラノアルト、もうひとつは男声です。したがって3つの旋律が存在します。女声の2つはト音記号の五線譜上に表します。それに対して男声のパートはヘ音記号の付く五線譜で表します。


PR
中学 実技4科 得点UP問題集: 内申書で差がつく (中学得点UP問題集)

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR