忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「エーデルワイス」について

「エーデルワイス」はミュージカルの「The Sound of Music」のなかの曲のひとつです。このミュージカルについて説明します。

「The Sound of Music」の紹介

家庭教師のマリアが、ある音楽の好きな家族(トラップ家)の下で教師をすることになりました。マリアとその家の子供たちを中心に繰り広げる楽しい物語です。舞台で演じられる音楽劇ですが、映画にもなりました。

「The Sound of Music」の中では数多くの有名な曲があります。「エーデルワイス」のほかにも「ドレミの歌」などが知られています。

ミュージカルはアメリカで作られるようになった大衆的な音楽劇です。オペラと比べるとより大衆的で娯楽的な要素が強いです。歌を中心に音楽が全般に演奏され、歌いながら演じる劇です。オペラと同様、踊りや舞台のつくりや美術、演出法などさまざまな舞台芸術を駆使した総合的な要素を持つ舞台です。

「エーデルワイス」の特徴

作詞したのはO.ハマースタイン2世で、作曲したのはR.ロジャーズです。彼はアメリカの作曲家で、他にも「王様と私」などのミュージカルの曲も作りました。

この曲はハ長調です。調号はつきません。したがって主音(ド)はハ音になります。

この曲は4分の3拍子の曲です。したがって1小節あたり四分音符(♩)で3拍分あることになります。Moderatoのテンポで歌います。これは別の教科書では♩=116と表されており、1分間に♩を116回打つはやさです。

「エーデルワイス」はA(a,a')B(b,a')の二部形式の曲です。したがって大楽節2つからできています。


教科書トレーニング全教科書音楽

拍手[1回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR