忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

卒業式のシーズンが近づいてきています。そこで「蛍の光」の曲を説明します。

「蛍の光」とは

この曲はもとになっている曲は「オールド・ラング・サイン 」というスコットランド民謡として知られています。スコットランド地方では、お祝い事(年始め、誕生日や披露宴)で歌われています。一方、日本では歌詞の趣が変わり、別れのときに歌う歌になっているようです。日本語の作詞は、稲垣千頴(ちかい)によるものです。教科書のように編曲したのは市川都志春です。

日本語の歌詞を作詞した稲垣千頴 は、教育学者としても知られる作詞家でした。この時代の日本の歌の歌詞をいくつか作詞しました。「蝶々」の歌詞の2番も彼が作詞したとされています。

「蛍の光」の特徴

この曲はヘ長調です。調号は♭が1つつきます。ヘ音が主音になります。

この曲は4分の4拍子の曲です。したがって1小節あたり四分音符(♩)で4拍分あることになります。♩=80~88のテンポで歌います。これは1分間に♩を80回から88回打つはやさです。

楽譜が手元にある方はご覧ください。第一小節が4分音符ひとつで始まっています。したがってご覧にいただいたように弱起の曲です。

「蛍の光」は三部合唱の曲です。ト音記号の付いた楽譜の方が女声2部、ヘ音記号の楽譜のほうが男声1部です。

4段で楽譜が書いてあるとよくわかりますが、各段のはじまり3小節はよく似たリズムです。音もよく似ています。

「蛍の光」の歌詞

この曲の歌詞は古い日本語ですので、今とは異なる言葉が多く使われています。

とまるも行くも・・・いる人も去っていく人も

かぎりとて・・・今日をかぎりにして

かたみに・・・おたがいに

さきとばかり・・・しあわせであるようにと

ちよろずの・・・たくさんの

こころのはし・・・おもいの中のごくわずかなこと

拍手[0回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR