忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はシューベルトの歌曲「魔王」について説明します。

シューベルトの紹介

シューベルトオーストリアで1797年に生まれました。18世紀から19世紀はじめの代表的な作曲家の一人です。オーストリアを代表する作曲家でもあります。ベートーヴェンよりも27年後に生まれました。彼とは同時代に活躍したということができます。ただし、ベートヴェンの後を追うように翌年にわずか31歳で亡くなってしまいます。

シューベルトはロマン派の作曲家として知られています。バッハを「音楽の父」と呼ぶように、ちなみにベートーヴェンは「楽聖」と呼ばれていますが、シューベルトは「歌曲の王」と呼ばれました。紹介する「魔王」も彼の歌曲のうちのひとつです。

歌曲は「魔王」のほかに「野ばら」、「菩提樹(ぼだいじゅ)」、交響曲第7番「未完成」、ピアノ五重奏曲「ます」などは彼の代表作です。他にも数多くの名曲を作曲しています。

「魔王」はリートのひとつ

この曲はドイツ語による歌曲、つまりリートです。シューベルトはこのリートの作曲の名手でした。600曲を越えるリートを作曲したといわれています。この曲はバリトンの音域の歌手ひとりで歌います。

こういった一人で歌う曲を独唱曲といいます。「魔王」の場合には、ひとりで4役をこなすことになります。「語り手」、「父」、「子」、そして「魔王」です。

それぞれの登場人物の心情を踏まえて声色を変えて歌います。「子」のおびえる様子、「魔王」のたくみに誘いかける感じなどは聞きごたえがあります。

語り手は、たんたんと物語の状況を説明する歌い方です。ピアノは歌手に伴奏します。印象的なのは、冒頭の部分の三連符の連続です。これはピアノで馬が急いで駆け抜ける様子を描いたものです。それに続く小節は嵐の風の様子も表します。

拍手[1回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR