忍者ブログ
中学生の皆さんが音楽の授業がわかること、試験やテストの対策になる情報を提供することがこのブログの目的です。内申書対策、試験勉強の手始めに利用してください。一般の方が音楽の基本を学習するときにも使えるように意識しました。なお、内容に関して一切の責任はとれません。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

日本の古い音楽について学びます。


箏とは

(そう)の独奏曲の箏曲について学びます。箏とは桐の木で作られた胴に弦が13本ある楽器です。柱(じ)と呼ばれる弦にはさんで使う道具の位置を微妙に動かすことで音の高さを変える調弦法をとります。

13本の弦がありますから奥から手前の弦に向かって、一~十、そして斗、為(い)、巾(きん)と名前がついていています。

右手の親指、人差し指、中指に爪をはめて、弦をはじいて音を出します。左手では弦を押す(引く)ことで音の高さを変えたり、音に余韻を持たせたりします。つまり両手を使って演奏をします。

具体的にはこのように行います。

(1)引き色

右手の爪で弾いてから、左手で弦を柱の方向に引いて音程を下げる演奏法を「引き色」といいます。

(2)後押し

右手の爪で弾いてから、左手で弦を押して音の余韻を上げる演奏法を「後押し」といいます。

(3)押し手

弦を押して、音程を上げる手法を「押し手」といいます。

「六段の調べ」の特徴

筝曲の「六段の調べ」は、江戸時代始めの八橋(やつはし)流筝曲をはじめた八橋検校(けんぎょう)が作曲した曲です。八橋検校は三味線の演奏家となったあとに、江戸に出て今度は箏を学びます。そこで目が不自由な箏の演奏者として最高の位である検校を授けられるほどになりました。

上で説明したような調弦法から「平調子(ひらぢょうし)」を編み出しました。

筝曲は、歌に楽器の伴奏がつくものと楽器の演奏だけからなる段物があります。「六段の調べ」は、箏の演奏だけなので段物です。6つの段から構成されています。

「初段」は
ゆるやかに演奏されて始まりますが、しだいに速くなり、最後の六段の前半で最も速く演奏されます。その後最後の六段の後半でもとの速さに戻って終わります。このような曲の演奏の速さの変化のことを「序破急」といって日本の曲ではよくある演奏法です。

拍手[8回]

この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
sponsor link
スポンサーリンク
フリーエリア
スポンサー
スポンサー
スポンサー

Template by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]
PR